歯科医院は大忙し

歯科医院はいつ休むのか

歯科医院は大忙しです

歯医者さんが過剰だそうです。十万人を超えて、経営が困難になる状況も出現しています。歯科医院が過剰になっていくだけ、医院どうしの競合が激しくなっています。そうなると、どうしても患者さんの都合を優先して、医院の受診日や診療時間を決めているようです。午後8時、9時まで開業している医院も増えています。土日も休みません。さらには、休診日もなく、正月元旦以外、一年、364日開業している医院もあります。歯医者さんがいつ休むのか気になりますが、土日勤務もいとわず、交替で働かなければいけないほど、歯科医が生き残れない時代になっています。

土日祝日は歯科も休んでいる

一般的な歯科は土日や祝日は定休日となっています。今や24時間営業のコンビニエンスストアやファミリーレストランが普通になってきているため、ついつい虫歯治療も、曜日や時間帯に関係なく受けられると考えがちです。町中の個人経営の歯科医院は一人から二人程度のドクターで運営している事も多く、例えば、火曜日と土日祝日が定休日というパターンが少なくありません。そのため、虫歯治療は基本的に平日の間に受けなければいけません。サラリーマンのように平日お仕事で忙しいとなかなか虫歯治療を受ける暇がありません。しかし、平日でも午後7時から午後8時位までは予約を取れる施設も多く、遅めの時間帯を選べば帰宅帰りにも虫歯治療が頼めます。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科医院はいつ休むのか All rights reserved