歯医者の注意点とは

歯医者に行ってよかった

日本で最初の歯医者さん

日本で最初の歯医者さんは、大分県中津市で生まれた小幡英之助氏です。明治2年に、二十歳で東京の慶應義塾に入り、学問を積み重ねていきました。そこで先輩医師について医学を学び、横浜に活躍の場を求め外科治療をマスターしました。その数年後、アメリカ人の歯科医師セント・ジョージ・エリオット氏と運命の出会いをします。それがきっかけで、歯科医学を学ぶ事になりました。当時は 医療に歯科の分野はなかったので、医師免許が発行されませんでした。小幡英之助氏は、歯科試験の必要性を説き、日本初の歯科医術試験を受ける運びとなりました。

良い歯医者で治療を受けましょう

歯医者を選ぶときに事前にホームページなどで医院の特徴を知っておくと、安心して治療に励むことができます。痛みが苦手で治療を敬遠している人もいると思いますが、無痛治療を心がけている医師がいる歯科医院に通院すれば心配ありません。将来の歯の健康を考えている人は保存治療に力を入れている歯医者を選ぶと良いでしょう。歯を抜いたり、削ったりしないように治療をしてくれます。歯科医の経歴や実績も大切な情報になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科医院はいつ休むのか All rights reserved